本文へ移動

水子供養とは

 水子とは、中絶、流産、死産などで、母親の胎内で命を得ながらも、この世に産まれてくることができなかった子供たちのことであり、何年たった今でも、親の温かい愛情を求め続けているものです。
多くの水子たちは、両親から忘れ去られてしまっていますが、水子自身は忘れられているとは知らず、いつまでも両親の愛情を待ち続けているのです。
父母のどちらかでも、“供養”といった形で、心からの愛情を注いであげられれば、水子自身は幸せになれるのです。

供養をすると

水子に心当たりのある方にとっては、これからもずっと気にかけて生きていくわけです。
「もう忘れたい」「できれば避けたい」といった気持ちを持ってしまうと、永遠に水子から逃げたままの人生を歩んでしまいます。
水子にとっては、いつまでも親であることに変わりありません。
しっかりと向き合って供養を行い、愛情を注いであげることで、気持ちの上にゆとりができ、心豊かな生活を送ることができるでしょう。
毎月、日にちを決め、自分の水子の為に、子供のお菓子やジュース又は牛乳などお供えしましょう

水子供養・・・一言で言うと

いつまでも忘れないでいてあげることなのです。
水子供養
墓石・仏壇
供養のだいもん
〒375-0002
群馬県藤岡市立石605-7
国道17号 高崎・新町バイパス
FREE 0120-999-148
TEL
0274-42-6649
FAX 0274-50-6456

墓石・文字彫・供養用品販売
まごころ設計 の石屋さん
施工エリア
北海道,青森,秋田,岩手,宮城,
山形,福島,茨城,千葉,栃木,群馬,
埼玉,東京都,神奈川,静岡,山梨,
長野,新潟,富山,石川,福井,岐阜,
愛知,三重,滋賀,京都府,大阪府,
奈良,和歌山,兵庫,岡山,広島,
鳥取,島根,山口,香川,徳島,愛媛,
高知,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,
宮崎,鹿児島,沖縄
1
2
3
1
1
5
TOPへ戻る